美濃国一の宮

南宮大社

南宮大社

美濃国 一の宮地図

美濃国・解説


なんぐうたいしゃ
〒503-2124
岐阜県不破郡垂井町宮代
TEL 0584-22-1225




アクセス
JR垂井駅徒歩20分

 東海道線垂井駅は新旧の二つの駅に分かれている。この付近から鈴鹿山脈にかかるので、勾配が急なために上り線と下り線が別のところを走っている。濃尾平野は、木曾川・長良川・揖斐川がつくる穀倉地帯で、中山道も東海道線・東海道新幹線・名神高速道路も東から美濃平野を通り抜けると、鈴鹿山脈が迫る。その初めの山、南宮山の麓に南宮大社がある。
 垂井駅から約800mである。南宮山は不破山とも呼ばれ、美濃の仲山の名で万葉集や古今集に詠まれている。海抜420m、円錐形の美しい山容で、神が降臨し宿る御神体山として信仰されてきた。山頂の奥宮には子安の神が祀られているが、この付近には古代祭祀遺跡がある。『延喜式』には仲山金山彦神社の名で記帳され、美濃国の名神大社にあたる。後に美濃国の国府が置かれ、その南に位置するところから南宮大社と呼ばれるようになった。




一の宮 神域図 ●ご朱印をいただける場所
南宮大社境内図





駅からの一の宮

0


となりの一の宮

0


真清田神社 真清田神社へ ますみだ じんじゃ

大神神社 大神神社へ おおみわ じんじゃ

気比神宮 気比神宮へ きひ じんぐう

建部大社へ たてべたいしゃ




旅の基礎知識
鳥 居
神と神社
物忌・禊・大祓
古代信仰
天津神
延喜式
祝 詞
神仏習合
神社建築
神楽

関西地球散歩より

旅の福袋

一の宮とは

お申込方法 

ファックス申込用紙 

0